やってよかった!ハスキーサファリ初体験

フィンランドの北極圏、サーリセルカでハスキーサファリの初体験をしました。

息子が絶対やりたいというので参加しましたが、そうでなければ寒そうだし参加しなかったかもしれません。




でも、すごく良い思い出になったので、やってみて良かったです。



参加料金には防寒着のレンタル料金も含まれているので、普通の街着で行ってもこちらの小屋で暖かい上下のつなぎのスキーウェアを貸してもらえます。


ハスキーサファリ9.jpg




手袋も帽子もスノーブーツも全部揃っています。

ハスキーサファリ28.jpg




私たちは、完全防寒のスキースタイルで行ったのに何も借りるものありませんでしたが、他の参加者の方はジーンズで来て、防寒着に着替えている人もたくさんいました。




二人ずつペアになって、一人が犬ぞりを操作して、もう一人はこちらのトナカイの毛皮の上に座ります。

ハスキーサファリ15.jpg




操作している人は、嬉しくてはしゃいで早く走りたいハスキー犬たちが、前のグループを追い越してしまわないようにブレーキをかけないといけないのでけっこう疲れます。

なのでそれほど寒さを感じません。

でも座っているだけの人は、トナカイの毛皮があると言えかなり寒いです。

寒さに弱い人は、ホッカイロをたくさん貼り付けていきましょう。



私たちのお世話をしてくれたハスキー&COのお兄さん。

ハスキーサファリ10.jpg




そしてこの子たちと一緒に走りました。


この写真は走り終わった後の寛いでいる様子です。

ハスキーサファリ13.jpg





走る前は、すごい興奮して、尻尾フリフリで走りたくてたまらないという感じでした。


しかも私たちの乗ったソリを引くハスキー犬たちは若くて早いグループだったのです。





写真が多くなってしまうので、走行の様子はまた次回の記事に書きますね。





<関連記事>

フィンランドの甘い朝ごはん

サーリセルカで食べるトナカイ料理とフィンランドビール

フィンランド・サーリセルカで犬ぞり体験・現地申し込み

フィンランド・イヴァロ空港からサーリセルカへ

クッケーリ・スーパーマーケット - フィンランド・サーリセルカ





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ






ジャンヌダルク歴史博物館 - L'Historial Jeanne d'Arc

ノルマンディーのルーアンに住む友人家族に勧められて、ジャンヌダルク歴史博物館 (L'Historial Jeanne d'Arc)に行ってきました。


旅行に行っても美術館、博物館はパス(カルチャー度低めな私です。)して、 現地の公園やカフェなど、観光地でないところをまるで住んでいるように楽しむのが最近の傾向なのですが、ここは行って良かったです。



受付のホールにあるジャンヌダルクの像。

この像を見ていると彼女の無念というか悲しみが身につまされます。

ジャンヌダルク歴史博物館8 .jpg






受付で、オーディオガイドがいるかと聞いてくれるので、無料ですのでフランス語が完璧という方以外はぜひ借りましょう。


ただ、最初の設定の音量が低めの場合は、各部屋に流れているフランス語の解説の音量に負けてしまって、同時に2つの言語が頭に入ってきて何が何だかわからなくなってしまいます。


音量を最大限にして日本語に集中すれば、ジャンヌダルクがたどった歴史と運命についてかなり詳しく知ることができます。



矢印に沿って進んでいき、こういう部屋で待っていると映像と解説が始まります。

ジャンヌダルク歴史博物館7.jpg






なかなか始まらないから、ここでは何もないのかなと思って次の部屋に行く人がいましたが、次の部屋に前のグループがいる場合は、まだそちらには行ってはいけないということです。


それを知らない外国人グループが、前のグループがいる部屋に移動してしまい、ひとつ部屋を飛ばして、次の部屋での解説を途中から聞いていました。



しばらく待っているとこんな映像が現れて、解説が始まります。

ジャンヌダルク歴史博物館6.jpg



ツアー時間は90分間です。


ちょっぴり内部をご紹介しますね。


ジャンヌダルク歴史博物館.jpg


ジャンヌダルク歴史博物館3.jpg




途中で狭い階段を登るのですが、頂上にたどり着くと窓からこんなルーアンの街が見渡せます。

ジャンヌダルク歴史博物館5.jpg



世界中で人気のジャンヌ。

世界中のオペラやミュージカル、コンサートのポスターが展示されていました。

ジャンヌダルク歴史博物館2.jpg





日本のものもありました。

 ジャンヌダルク歴史博物館4.jpg





内容はかなり濃いので、小さなお子さんには少し難しいかもしれませんが、小学校高学年くらい以上のお子さんであれば、ヨーロッパの歴史や宗教観を知る良いきっかけになるのではないでしょうかと思います。





入場料は大人9、5ユーロ
6歳から18歳までのお子さんは6、5ユーロです。
(2017年4月現在)




ジャンヌダルク歴史博物館
Historial Jeanne d’Arc

7, rue Saint-Romain
76 000 Rouen





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ






可愛すぎるミニミニマネージュ

ノルマンディーの首都「ルーアン」。

ジャンヌダルク教会のそばにあるとっても小さなメリーゴーラウンドがありました。


AC54EA07-2D2B-4986-8541-4C1468B9EB81.jpg






一周が一瞬で終わってしまいそうです。


39294471-97C4-4F70-92E4-90A591FDFD03.jpg




メリーゴーラウンド (merry-go-round)は、フランスではマネージュ(manège)と呼ばれ、フランス中の駅前広場などに設置されていて子供たちを楽しませてくれています。






にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ











ノルマンディーの海岸沿いの遊び場

フランスのノルマンディー北部の海岸沿いの街「ル・アーブル」。


海のすぐ近くに子供たちのオアシスがあります。





ちょっと怖いけど、楽しそう。

7E744797-D06F-4AC4-BE88-C2BEC73C5F7F.jpg



地元の子も観光客の子供も、みんな一緒になって遊んでいます。

78CD8E3F-A6DE-4CE9-83E4-AD8153E5087A.jpg



大観覧車。

0339EB28-7C60-4AB1-B7D5-5BA37A8EC99F.jpg



ゴーカート。

午前中だったので、人が少ないですが、午後は超満員になります。

2A5445D3-B1F7-418C-8BA4-7001B92ED398.jpg



075D458E-DDE6-4938-AEFD-D7F37B51EBDE.jpg





これは、楽しそうだけど、私はこの中に入るのはなんだか不安だなあ。

D89C4F92-FD66-4CF5-90E5-5F9FB5358C72.jpg



息子が小さい頃、パリのテュイルリー公園の夏の移動遊園地で、何度も何度も遊んだベビーサーカス。

18D7887A-6460-4AA6-BBA1-BA185F318DD0.jpg




ぐるぐる回るブランコ。

目が回りそう。。。

4C88E056-313A-4087-99CA-C0573C083E6C.jpg



先ほどの、大観覧車。

壁がないので、すごく怖いです。

かつて、パリのコンコルド広場の大観覧車もこの壁なし観覧車でした。

小さい息子と2人で乗った私は、息子が乗り出して落ちちゃったらどうしようとドキドキして、写真も撮れず、緊張しまくりでした。

しかも、サービスの写真タイムなのか、一番高いところで、かなりの長時間、止まるんですよ。

このまま故障して、降りられないのではと思って、超怖かったです。


ちなみに、現在のコンコルド広場の大観覧車には、ちゃんと壁があって、落ちないようになっています。




15939EBE-A5FA-461F-B691-84A64EC29FDE.jpg





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6105412525500055"
data-ad-slot="3771696104">