200万人の漢検 とことん漢字脳

DS Kanken.jpg 漢字を書くのが大の苦手の外国育ちの我が家の息子が、はまっているのがこの任天堂DSのソフト。200万人の漢検 とことん漢字脳です。

 200万人の漢検 とことん漢字脳は財団法人日本漢字能力検定協会が企画した漢字検定公式ソフトで、漢字検定の過去問題から10級から1級までの問題が収録されています。

 このソフトには、シンプルモードとストーリモードの2つのモードがあって、学習する人の好みで選ぶことができます。

 ちなみにシンプルモードでは、ストーリーなどの余計なものは全くなくどんどん学習して達成感を味わうことができます。そしてストーリモードは、学習回数や成績、漢字力チェックの結果に応じてストーリーが進行し、画面中のキャラクターや背景が変化していきます。こちらのモード、単純な学習ではすぐに飽きてしまってなかなか学習の継続ができない人用とのことです。

 もちろん、我が家の息子は迷わずストーリーモードを選択。これを選ぶと画面にキャラクターが現れて、なんだかロールプレイングゲームのよう。犬猫犬猫犬猫 学習問題をクリアしていくたびに、正解率によっていろいろな色のオーブがもらえたり、クリアした問題が増えていくとミニゲームがもらえたり、なかなか面白い作りになっています。

 良いなと思ったのは、利き手を選んでタッチペンで漢字を書くしくみなので、漢字を書く機会がほとんどない現地校に通っている息子にとっては、漢字を書く良いきっかけになっているようです。息子は、このソフトで勉強する(遊ぶ?)ときは、ゲーム感覚でDSの画面に漢字を書いて、わからないときは、電子辞書で調べながら時間切れにならないようにかなり必死でやっています。がく〜(落胆した顔)

 本来なら、紙にきちんとえんぴつで漢字を書く練習をしたほうが良いとは思いますが、こういったソフトもたまには使いながら、楽しく勉強するのも悪くないかなと思い、好きなだけやらせています。

財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト 200万人の漢検 とことん漢字脳


人気ブログランキングへ



正しい日本語DS

DS tadashii nihongo.jpg
 日本に一時帰国したときに見つけて買ったDSの日本語のお勉強ソフト日本語文章能力検定協会協力 正しい日本語DSです。アマゾンのコメントの中には、いまいちという声もあるようですが、息子はそれなりに楽しんでいるようです。私も試してみましたが、大人でもじっくり考えてしまう問題もあり、かなり頭を使います。脳を鍛えるという意味でも悪くないと思います。そしてアマゾンの韓国人の方のコメントにあるように、日本語を勉強している、しかもかなり上級レベルの日本語力のある外国人には、なかなか面白いソフトだと思います。

 いずれにせよ、子供向きに作成されたソフトではないので、出てくる漢字には振り仮名が振ってなかったりするので、中学生以上で、国語が好きな人向けだと思います。息子のように日本で教育を受けていない海外育ちの子供たちは、日本人学校に行っていない限り、読んだり書いたりする日本語の絶対量が基本的に少なくなるので、こういったソフトを利用して日本語に触れる機会を増やしてあげたいと思って購入しました。

 今は昔と違って、たとえ日本に住んでいても、塾やゲームやたくさんのアクティビティがありすぎて、じっくり本を読む時間がない子供たちも多いと思います。フランス育ちの我が家の息子も、学期中は、学校の勉強に追われてなかなかじっくりと日本語の本を読む時間がとれません。特に、この任天堂のソフトに出てくるような説明文や論説文のようなものは、国語の教科書や問題集でしか接することがないので、親としてはもっと読ませたいところです。任天堂DSで問題を解いていると、本人はゲーム感覚で問題を解いているので、国語の問題集を解くよりもリラックスして楽しめるようなので、時々はこういったソフトを使って勉強するのも悪くないようです。

このソフト、今ならアマゾンで56パーセント引きです。
日本語文章能力検定協会協力 正しい日本語DS

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

賢くなるパズル

kasikokunarupuzzle 001.JPG ゲームが大好きな息子のためにアマゾンでDSのソフトを買いました。
 
 「DSソフト」といっても、息子には「ざんねーん!」、なぜならそれは、算数のパズルだからです。

 「最高の教材を渡して放っておくだけで子どもは伸びる」という驚愕のメソッドで、無試験先着順の教室ながら最終在籍生徒の8割以上を首都圏難関中学に合格させる「宮本算数教室」の大ヒットパズル教材最新作。段階式で成長が実感できる!数字に強くなる!

 というキャッチコピー(特に放っておくだけでっていう部分)に惹かれて、注文してしまいました。

 最初は、なーんだ、「勉強のソフトか~」と、いまいちな反応だったのですが、やりはじめたとたん、ハマってくれました。
作戦成功!?

 このまま、どんどん遊びながら、賢くなってくれないかしらん♪ と願う母でありました。

 ところでフランスでも、かなり前から、数独(すうどく、Sudoku)が大流行。メトロの中でも、ペンを片手に、雑誌や新聞の裏表紙のマス目と格闘しているフランス人の姿をよく見かけます。

 そんなパズルが浸透している海外でも、『賢くなるパズル』は、、外国版の名前「KEN-KEN」で、イタリアのボローニャやフランクフルトのブックフェアにも出展されたそうです。

 そして、海外でもその面白さが評価されて、現在世界5ヶ国(韓国、タイ、ドイツ、フランス、チェコ)で出版されているそうです。

詳細はこちらから
宮本算数教室の教材 賢くなるパズルDS版


英語の無料お試し版はこちら
http://miyamoto-puzzle.com/en/about/index.html