フランスの美術の授業 粘土細工のディアルガ

Dialga 003.JPGDialga 001.JPG 





 フランスの美術の授業って、なんだか本格的そうだわ、だって、なんたって、芸術の国なんだものって思っていた昔の私。

 でも実際は。。。時々持って帰る息子の作品は、なんだか、保育園時代とそう変わらないとも言えなくはない。まあ、これに関しては、美術の授業内容というよりは、本人の才能の問題かも。

 そして、今回の課題は、粘土細工。
「皆さん、家にある好きなキャラクターのフィギュアを持ってきてくださーい!」と先生に言われて、息子が選んだのは、ポケモンのレアなキャラクター、ディアルガ。

 ちなみに、フランス人の子供たちに人気だったのは、アステリックス、くまのぷーさん、ポパイなど。
みんな、弟や妹の、おもちゃを持ってきてるのかな。
うちの子は一人っ子、小さいときのおもちゃは全部フランスに来る時に処分してしまったから、なんにもなくて、唯一、一時帰国したときにポケモンセンターの景品かなにかでもらったディアルガのフィギュアしかなかったのです。

 息子は、こんなのフランス人は、誰も知らないからと言って、持っていくのをいやがっていたけど、他に準備する時間もなくて、結局、あきらめて持って行きました。
フランスでもポケモンは大流行なので、特にDSなどのポケモンゲームをやってる子は、知ってるとは思うんだけど。。。



ディアルガについて詳しく知りたい人は、こちらへどうぞ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AC

ディアルガについて英語で語りたい人は、こちらへ(もしいたら、例えば、友達がポケモン好きの外人とか?)
http://en.wikipedia.org/wiki/Dialga#Dialga