オウムはペロケ

パリ郊外の日本庭園が、週末だけのミニ動物園になっていました。



オウムさんも来ていました。

EEF0E170-DB47-4FAF-8AE1-B3F25DA3AC0E.jpg



D9CB390F-0B65-4AD2-B9F3-2B77EA729E53.jpg




オウムはフランス語でペロケ(perroquet)です。

男性名詞なので一羽だとUn perroquetですね。

AE6B83D9-CEB1-478E-84CF-E580B9C0A76C.jpg




ペロケってなんだか発音が可愛いですね。





こちらは、小学校に上がる前くらいまでの小さなお子さんにオススメです。

大人になってから外国語を学習した人に欠けているネイティブなら子供でも知ってる生活に必要な基本の単語が自然に覚えらます。

子供と一緒にママもパパも自然にフランス語の発音に触れられるのがいいですね。

(大きいお子さんやフランス語がある程度できる方には退屈かもしれません。)



子供のフランス語学習DVD-見ているだけで話せる言葉がどんどん増える魔法の教材。フランス語レッスンDVD6枚セット


商品の説明
フランス語の最もよく使われる200の言葉とフレーズを学習する6枚のDVDセット。楽しい音楽とアニメが子ども達を夢中にし、どんどん語彙が増えていきます。 海外で主流となっている「フルイマージョン」プログラム。ネイティブスピーカーの良質なフランス語をたくさん聞かせ、現地の子供達が自然にフランス語を覚えるのと近い環境での習得を目指します。見ているだけで、いつの間にか言葉を覚えていく魔法の教材として、世界中の子ども達に大人気のプログラム。 DVD1:数字、色、DVD2:食べ物、果物、野菜 、DVD3:おもちゃ、家の中、乗り物 、DVD4:動詞、動作、自然、DVD5:家族、からだ、衣服、DVD6:歌とダンスを通じ、身体を使って学習 ※挨拶、よく使うフレーズ、動物の名前は、全てのDVDに含まれています。※DVD1枚あたり約35分から40分です。  Dino Lingoは本国アメリカで数々の賞を受賞。世界各国のスクールや幼稚園などでも使われている安心な教材です。  ※文章表現や、読み書きの基礎まで習得したい方は「プレミアムセット」をご覧下さい。 ※ 海外への配送可能  ※日本製DVDプレイヤーで再生可能なNTSC規格品。





英語版もあります。



子供の英語学習DVD6枚&学習ブック【日本限定版】見ているだけで、話せる言葉がどんどん増える英会話セット/Dino Lingo Japan



商品の説明
見ているだけで、いつの間にか言葉を覚えていく魔法の教材として、世界中の子ども達に大人気のDino Lingoの英語DVD6枚に、復習用ボキャブラリーブックをお付けした日本だけの特別セット。日本のお客様に安心してご覧いただけるようになりました。英語の最もよく使われる200の言葉とフレーズを学習します。楽しい音楽とアニメが子ども達を夢中にし、どんどん語彙が増えていきます。 海外で主流となっている「フルイマージョン」プログラムは、ネイティブスピーカーの良質な英語をたくさん聞かせ、現地の子供達が自然に英語を覚えるのと近い環境での習得を目指します。
DVD1:数字、色、DVD2:食べ物、果物、野菜 、DVD3:おもちゃ、家の中、乗り物 、DVD4:動詞、動作、自然、DVD5:家族、からだ、衣服、DVD6:歌とダンスでの学習 ※挨拶、よく使うフレーズ、動物の名前は、全てのDVDに含まれています。DVD1枚あたり約35分から40分。 Dino Lingoは本国アメリカで数々の賞を受賞。世界各国のスクールや幼稚園などで使われている安心な教材です。文章表現や、読み書きの基礎まで習得したい方は「子供の英語学習・英会話学習プレミアムセット 」をご覧下さい。海外配送可能。





日本庭園のアドレスです。

Parc de l'Amitié
9 Avenue Albert 1er 92500
Rueil-Malmaison
France




にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ






フランス語で本を読もう - ジュール・ヴェルヌ本

フランスで義務教育のほとんどを受けた息子ですが、最初に読めるようになった言語が日本語ということもあり、本は日本語の方が早く読め、理解も早いです。

なので、フランスの学校で出される課題図書の読破にはかなり苦労しました。


そんなフランス語の読解があまり得意でない息子でしたが、小学生高学年から中学にかけてよく読んでいたのがジューヌ・ヴェルヌの本です。



日本ではこれらの本が有名ですよね。

子供の頃に読まれた方も多いのではないでしょうか。



講談社・青い鳥文庫さんには、フランスでもたいへんお世話になりました。

パリにブックオフができてからは、息子は、<青い鳥文庫>が並んでいる棚のところで、欲しい本を探すのが日課でした。



十五少年漂流記 (講談社青い鳥文庫)




海底2万マイル (講談社青い鳥文庫)







ジューヌ・ヴェルヌの本は、フランス語の原書の完全版で読むには、フランス語初心者には結構辛いと思うので、こちらの簡単なフランス語に書き直されたものにまず挑戦されることをお勧めします。


日本語の対訳と音声も付いているので、フランス語学習にはぴったりだと思います。



MP3 CD付 フランス語で読む八十日間世界一周 Le tour du monde en quatre-vingts jours Les voyages extraordinaires【日仏対訳】 (IBC対訳ライブラリー)


内容紹介
IBC対訳ライブラリー
【日仏対訳『フランス語で読む八十日間世界一周』フランス語朗読音声・解説付き】
(付属:MP3形式 CD1枚 総収録時間 1時間40分14秒)

フォッグは、クラブの仲間と賭けをし、80日間で世界を一周する旅に出ることに。同じころ、ロンドン市内の銀行から紳士風の男によって大金が盗まれた。フォッグ氏が犯人だと考えたフィックス刑事は、逮捕すべくそのあとを追う。はたして犯人はフォッグ氏なのか。そしてフォッグ氏は約束の時間にロンドンに戻ってこられるのか。インドから香港、そして日本へ。忠実な召使いパスパルトゥーを連れて、今、世界一周の旅が始まる。これまでに何度も映画化された、SFの父・ジュール・ヴェルヌの冒険小説をやさしいフランス語で楽しもう。

【本書の特徴】
本書は、ジュール・ヴェルヌの小説『フランス語で読む八十日間世界一周』をやさしいフランス語で書きあらためた本文に、日本語訳をつけました。各ページの下部には、フランス語を読み進める上で助けとなるよう単語・熟語の意味が掲載されています。また左右ページは、段落のはじまりが対応していますので、日本語を読んでフランス語を確認するという読み方もスムーズにできるようになっています。またパートごとの「おさえておきたいフランス語文法」では、効率よく学習できるよう、フランス語文法の要点を、例文を使って説明しています。

【欄外の語注】
各ページの下欄に重要語句・表現のワードリスト付きなので気になる語彙はその場で確認できます。

【MP3形式のフランス語文朗読】
フランス人ナレーターによる朗読音声 (MP3) をCD-ROMに収録。






ちなみにこちらがフランス語の原書の完全版。

フランスの子供たちは、小学生高学年から、このくらいの本をどんどん読んでいます。


フランス語の本にも、『Intégraleー完全版』と子供向きに多少の省略があるものもあるので、きちんと全部読んでみたい人は『Intégraleー完全版』と書いてあるものを選んでくださいね。




Le Tour du monde en 80 jours, de Jules Verne - Intégrale (フランス語)





実は、フランス語の原書、アマゾンのkindle unlimitedの会員だと無料で読めるのです。



例えば、コレとか0円で読めます。


Le Tour du monde en quatre-vingts jours (French Edition) Kindle版




海外在住の私には、kindle unlimitedのサービスは非常にありがたく、日本語の本を読みまくっています。

kindle unlimitedを使って日本語の本を読んでいる息子に勧められて、最初の30日間は無料で試してみて、そのまま継続してたくさんの本を読んでいたのですが、夏の間、日本に帰国していてゆっくり本を読む時間がなかったので、一旦解約しましたが、現在フランスに戻っておりますので、また入会しようと思っています。


本はかさばるので増やしたくないと思っているので、興味のある本をさらっと読めるkindle版の書籍、とっても気に入っています。






興味のある方はこちらのリンクから無料体験ページに飛ぶことができますので、試してみてくださいね。







にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ






La vieille dame que ce chauffeur de taxi prend ce jour-là a changé sa vie


枯葉の舞う秋のパリの公園のベンチで、この記事を読みました。
英語の記事が元記事だと思うのですが、フランス語の翻訳が素晴らしく、涙が溢れて止まらなくなりました。

日本語に翻訳してしまうと、ニュアンスを上手に伝えれそうにもないので、フランス語が読める人はどうぞ読んでみてください。



La vieille dame que ce chauffeur de taxi prend ce jour-là a changé sa vie




Un chauffeur de taxi new-yorkais raconte :

« Quand je suis arrivé à l’adresse, le bâtiment était plongé dans l'obscurité à l'exception d'une fenêtre, au rez-de-chaussée. J’ai klaxonné. Après avoir attendu quelques minutes, je klaxonne à nouveau. Comme il s’agissait de ma dernière course de la journée, je pensais partir, mais finalement je me suis stationné et me suis dirigé vers la porte et j’ai toqué comme je le faisais toujours. Qui ne voudrait pas qu'un conducteur de taxi fasse ça pour ses propres parents ?

« Juste une minute », a répondu une voix de personne âgée. Je pouvais entendre quelque chose qui traînait sur le plancher.
Après une longue pause, la porte s’ouvrit. Une petite femme qui devait avoir près de 90 ans se tenait devant moi. Elle portait une robe imprimée et un chapeau à voilette, comme un personnage tiré d'un film des années 1940. À côté d’elle il y avait une petite valise en nylon. C'était cela qu'elle avait tiré sur le sol.
L’appartement paraissait comme inhabité depuis des années. Tout le mobilier était recouvert de draps.
Il n’y avait pas d’horloge sur les murs, pas de bibelots, aucun ustensile sur les meubles. Dans un coin, il y avait une boîte en carton remplie de photos et de verrerie.

« Pourriez-vous porter mon bagage jusqu’à la voiture? » me dit-elle. « J'aurais besoin d'un petit instant seule. Puis pourriez-vous revenir m'aider, je ne suis plus assez forte. » J’ai porté la valise jusqu’à mon véhicule, puis suis retourné aider la femme.
Elle prit mon bras et nous avons marché lentement jusqu'au trottoir.

Elle n’arrêtait pas de me remercier pour ma gentillesse. « Ce n’est rien, j’essaie simplement de traiter mes passagers de la façon dont je voudrais que ma mère soit traitée, » lui ai-je répondu.
« Oh, tu es un si bon garçon », dit-elle. Quand nous sommes arrivés à la voiture, elle m’a donné une adresse, puis m'a demandé : « Pouvez-vous passer par le centre-ville? »
« Ce n’est pas le chemin le plus court », lui répondis-je.
« Oh, cela ne me dérange pas », dit-elle. « Je ne suis pas pressée. Je me rends au centre de soins palliatifs. »

J’ai regardé dans le rétroviseur. Ses yeux scintillaient. « Je n’ai pas de famille » reprit-elle d’une voix douce. « Le docteur dit que je dois me rendre là-bas, que je n’en ai plus pour très longtemps. »
J’ai discrètement arrêté le compteur. « Quelle route voudriez-vous que je prenne? » lui ai-je demandé.

Pendant les deux heures qui ont suivi, nous avons roulé à travers la ville. Elle m’a montré le bâtiment où elle avait travaillé comme opérateur d’ascenseur.
Nous avons traversé le quartier où elle et son mari avaient vécu quand ils étaient jeunes mariés. Elle m’a fait arrêter devant d’un entrepôt de meubles qui était à l’époque une salle de bal où elle était allée danser lorsqu’elle était jeune fille. Parfois, elle me demandait de ralentir en face d’un bâtiment particulier ou dans un coin et s’asseyait, le regard perdu dans l’obscurité, sans dire un mot.



Lorsque le soleil commença à rejoindre l’horizon, elle dit soudainement : « Je suis fatiguée, nous pouvons y aller, maintenant ».
Nous avons roulé en silence à l’adresse qu’elle m’avait donnée. C’était un petit édifice, comme une petite maison de convalescence, avec un portique pour rentrer dans une allée.
A peine étions nous entrés que deux infirmiers sont sortis et se sont dirigés vers le taxi. Ils étaient très attentionnés et surveillaient tous les mouvements de la vieille dame. Visiblement, ils attendaient son arrivée. Elle les avait certainement prévenu de son arrivée.
J’ai ouvert le coffre et porté sa petite valise jusqu’à la porte. La femme était déjà assise dans un fauteuil roulant.
« Combien vous dois-je ? » m’a-t-elle demandé en ouvrant son sac.
« Rien » lui répondis-je.
« Vous devez bien gagner votre vie », me dit-elle.
« Il y a d’autres passagers, » ai-je répondu.
Presque sans y penser, je me suis penché et l'ai prise dans mes bras. Elle me serra fort.
« Vous avez donné un petit moment de joie à une vieille dame », me dit-elle. « Merci. »

Il n'y avait rien d'autre à ajouter. Je lui ai serré la main et me suis retourné. Derrière moi, une porte s'est fermée, c’était le bruit d’une vie qui se termine.
Je n’ai pris aucun autre passager ce jour-là. J’ai conduit sans but, perdu dans mes pensées.

En repensant à ce jour, j'ai du mal à parler. Que se serait-il passé si cette femme avait eu à faire à un chauffeur en colère, ou à quelqu’un d’impatient et pressé ? Et si j’avais refusé de prendre la course, ou si je n'avais klaxonné qu'une fois et étais reparti sans attendre ? Et si j'avais été de mauvaise humeur et n'avais pas laissé à cette dame la chance de partager ses souvenirs avec moi ? Combien de moments comme ça avais-je gâché ou laissé passé ?

Nous sommes conditionnés à penser que nos vies tournent autour de grands moments. Mais les grands moments sont souvent des jolis petits instants auxquels nous ne prêtons pas assez attention. Quand cette vieille dame m'a serré dans ses bras en me disant que je lui avais procuré un moment de joie, il était possible de croire que j'avais été envoyé sur Terre dans le seul but d'offrir à cette dame son dernier voyage.

Je crois que je n'ai jamais fait quelque chose de plus important dans ma vie. »

Kent Newborn




フランス語の元記事はこちらです。

La vieille dame que ce chauffeur de taxi prend ce jour-là a changé sa vie




にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ






style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6105412525500055"
data-ad-slot="3771696104">

30min de Dessins animés des contes de Grimm (compilation)





今回のビデオには以下の5つのお話が入っています。


Le Petit Chaperon rouge
赤ずきんちゃん

Les Trois Petits Cochons
3びきのこぶた

Le Vilain Petit Canard
みにくいあひるの子

Boucles d'or et les Trois Ours
3びきのくま

Demoiselle Méline, la princesse
プリンセス・メリーヌ



最後の『Demoiselle Méline, la princesse(プリンセス・メリーヌ)』以外は、よく知っているお話なので、フランス語初心者の人も楽しめると思います。



小さいお子さんは、ビデオを何度も見ることで、どんどんストーリーを暗記してしまうので、ボキャブラリーが増えていくのがいいですね。





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6105412525500055"
data-ad-slot="3771696104">

Histoire pour enfants : Le vilain petit canard

みにくいあひるの子のフランス語ヴァージョンです。







よく知っているお話を外国語で聞くとわかりやすいですね。
お子さんと一緒に、ぜひ、楽しんでくださいませ。


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6105412525500055"
data-ad-slot="3771696104">

Quoi - Jane Birkin

若かりし頃のジェーン・バーキンは、素敵すぎます。





Quoi
D'notre amour feu n'resterait que des cendres
Moii
J'aim'rais qu´la terre s'arrête pour descendre
toi
Tu m'dis qu tu n'vaux pas la corde pour te pendre
C't à laisser ou à prendre
Joie
Et douleur c'est ce que l´amour engendre
Sois
au-mois conscient que mon cœur peut se fendre
Soit
dit en passant j'ai beaucoup à apprendre
Si j'ai bien su te comprendre

Amour cruel
Comme un duel
Dos à dos et sans merci
Tu as le choix des armes
Ou celui des larmes

Penses-y
Penses-y
Et conçois que c´est à la mort à la vie

Quoi
D'notre amour fou n'resterait que des cendres
Moi
J'aimerais qu´la terre s'arrête pour descendre
Toi
Tu préfères mourir que de te rendre
Va donc savoir va comprendre

Amour cruel
Comme un duel
Dos à dos et sans merci
Tu as le choix des armes
Ou celui des larmes
Penses-y
Penses-y
Et conçois que c´est à la mort à la vie

Toi
Tu préfères mourir que de te rendre
Va donc savoir va comprendre
Va savoir va comprendre

Quoi
D'notre amour feu n'resterait que des cendres
Moi
J'aim'rais qu´la terre s'arrête pour descendre
toi
Tu m'dis qu tu n'vaux pas la corde pour te pendre
C't à laisser ou à prendre





ジェーンのファッショニスタ本、アマゾンのサイトから『中身検索』で内容がかなり見れます。
ジェーンの出演映画やアルバムの全て、娘のシャルロット・ゲンズブールとこと、年を取っても変わらないナチュラルな装いなど、魅力がいっぱい詰まった一冊です。

ちなみに『中身検索』で閲覧中に「サプライズミー」をクリックすると、さらに本の内容が見れます。


購入を決める前に立ち読み感覚で読める、アマゾンの中身検索機能は便利ですね。


ジェーン・バーキン perfect style of J (MARBLE BOOKS Love Fashionista) 単行本(ソフトカバー)

◇内容紹介
カジュアルな定番スタイルでありながら、独特の魅力のあるスタイル! 今また若い女性からファッションアイコンとして絶大な支持を 得ているジェーンバーキン。 ファッション、ヘアメイク、恋愛、出演作品・・・など彼女の魅力の すべてがわかる、“バーキンスタイル”のコツがわかる ファッションフォトBOOK。




こちらは、私がパリに移住する前に、日本で聞きまくっていたCD。
あまりにも何度も聞いていたので、当時、4、5歳だった息子が、ほとんどそらで歌えるようになったという息子にとっても思い出のアルバム。

特に、7曲の『ぬかるみ (La Gadoue ) 』という曲のサビの部分が、ツボにハマったようで、

La gadoue
La gadoue, la gadoue, la gadoue
Hou la gadoue, la gadoue


の部分を歌いまくっていました。

『ドゥーラガ、ドゥーラガ、ドゥーラガ、ドゥー』

って聴こえてたみたいですけどね。(実は私も。汗)


動画を貼っておきますね。
皆さんはどう聞こえますか?






ベスト - ジェーン・バーキン CD

(収録曲)
1. 無造作紳士
2. 哀しみの影
3. ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ
4. 想い出のロックン・ローラー
5. フォード・ムスタング
6. ジョニー・ジェーンのバラード
7. ぬかるみ
8. ディ・ドゥ・ダー
9. 虹の彼方
10. バビロンの妖精
11. シック
12. さよならは早すぎる
13. コワ
14. ディーズ・フーリッシュ・シングス
15. 時の流れに…
16. それでも
17. ベイビー・ルゥ
18. 目を閉じて
19. 手ぎれ
20. ラ・ジャヴァネーズ



にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6105412525500055"
data-ad-slot="3771696104">