クリクリのいた夏





1999年のフランス映画『クリクリのいた夏』を観ました。

原題は『Les enfants du Marais(沼地の子供たち)』。

クリクリという名の女の子が、すごく可愛かった。

それぞれの人生を生きている沼地に住む人たちと、それを取り巻く人たちに起こる日常のあれこれ。

春の陽射しに輝く自然豊かな沼地の生活。

美しい映像を観るだけでも、心が洗われるような気分になれます。

観終わった後、心がふと温かくなっているのを感じました。













フランス語をがんばってる人たちのブログがいっぱいです。
    バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村



フランス語を勉強中の方へ
ミカリュスとグランヌヌスの日常生活を日仏対訳付きで絵日記にしました。
フランスの普通の暮らし、おいしいもの、フランス現地校生活、日本逆留学体験など、軽いタッチで書いています。
      バッド(下向き矢印)
ミカリュス・ブルガリスのフランス語恋愛絵日記