Ici Naquit Louis XIV - Pavillon Henri IV

パリ西郊外のサン・ジェルマン・アン・レー(St-Germain-en-Laye)にあるシャトーホテル&レストランです。

1638年9月5日、フランスの太陽王と呼ばれたルイ14世が生まれた場所です。



門に『Ici Naquit Louis XIV(ここでルイ14世が生まれた)』と書かれています。

8AED5E46-B5CF-4BB4-8DF8-5E8244E50D96.jpg




サン・ジェルマン・アン・レーのグランド・テラス(La Grande terrasse)と呼ばれる庭園に隣接しています。


CFE8659E-EFC1-4735-8F26-6AEFB4C53656.jpg




よく見ると金のゆりかごが見えます。

68EBE635-0BBA-47AE-B331-C9D8952A4EB5.jpg







セーヌ川の向こうにパリを見晴らすことのできるグランド・テラス(La Grande terrasse)は、ヴェルサイユ宮殿の庭園を手がけたことで有名なアンドレ・ル・ノートル(André Le Nôtre)によって創られました。


この日は曇っていましたが、テラスから見る晴れた日の景色は格別です。

03ADE287-1036-48AF-BD5E-50007DA5F190.jpg






遠くにはパリのビジネス街『ラ・デファンス』のビル群が見えます。

31074118-FB54-46AD-A2D9-6908F31EA437.jpg







こちらのレストラン、ジャガイモを薄くスライスし、2度揚げしたフランス料理の付け合わせとして愛されているポム・スフレ(Pommes Soufflées)の発祥の地なのです。

1837 年8月24日、鉄道の開会式に合わせ料理を用意していた当時のシェフ、コリネ (Collinet)が、列車の遅延のため招待客の到着が遅れ、もう一度揚げ直さなければいけなくなり、中に空気を含んで膨らんでしまったジャガイモは、図らずもパリパリとした歯ごたえで列席者をたいそう喜ばせたということです。

またシェフ、コリネ (Collinet)は、ソース・ベアルネーズ(la sauce béarnaise)の考案者としても有名だそうです。




ホテルもレストランも高級そうで、なかなか利用する機会はなさそうですが、食事時間以外はサロンでお茶だけもできるということですので、機会がありましたら是非一度中に入ってみたいなと思っています。




パリの中心からRER・A線で終点のサン・ジェルマン・アン・レー(St-Germain-en-Laye)駅まで約30分で到着します。

A線は途中から2つの支線に分かれるので、サン・ジェルマン・アン・レー(St-Germain-en-Laye)行きの電車に乗りましょう。



ホテル レストラン『パヴィヨン・アンリ・キャトル』
(Hôtel Restaurant Pavillon Henri Ⅳ)
19-21 rue Thiers
78100
Saint-Germain-en-Laye
Tel : 01 39 10 15 15
Fax : 01 39 73 93 73




にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ