サーリセルカで食べるトナカイ料理とフィンランドビール

トナカイ 『フィンランド語でporo(ポロ』)はフィンランドの北、ラップランドに住んでいて、その肉は脂肪分が少なくて高タンパク・低カロリー、そしてビタミン・ミネラルが豊富なのでヘルシーな食品として人気があります。


ラップランド地方の料理は、トナカイ肉『ポロンリハ(poronliha)』、英語では『reindeer(レインディア)』がたくさん使われているので、滞在中は、トナカイづくしの食生活になりました。




フィンランドの北、ラップランドで放牧されているトナカイ肉は身が締まっていて美味しいとのことですが、食べなれてない私は、ちょっとクセがあるかなって感じました。





サーリセルカ到着当日、サーリセルカのホリディクラブのレストランで食べたトナカイ肉の煮込み(ポロン・カリストゥス)。

こんなふうにたっぷりのマッシュポテトとクランベリーソースでいただくのが定番です。

IMG_3112.jpg




クランベリージュースの酸味のおかげで、お肉の臭みがあまり気になりませんでしたが、個人的には何度も食べたいとは思いませんでした。

(ラップランド記念に食べてみた!という感じです。)





お店によって、美味しいところとそうでないところがあるようなので、評判の良いレストランに行かれることをお勧めします。




フィンランドのビール。

ラピン・クルタ(Lapin Kulta)
IMG_3113.jpg





フィンランドのお酒というと、隣国ロシアの影響もあり、ウォッカなどの強い蒸留酒が主流のように感じている方もいらしゃるかもしれませんが、地元の人に日常的によく飲まれているのは、日本同様、ビールなのだそうです。


ラピン・クルタ(Lapin Kulta)は、「ラップランドの金」を意味する名前のとおり、北極圏付近の川辺の醸造所から生まれたそうです。

フィンランドや北極圏の清らかな水と小麦から作られており、泡立ちが良く、程よい甘みと爽やかさが特徴の軽いビールです。



せっかく旅行で来てるのですから、食べ物も飲み物もできるだけ地元のものにチャレンジして、良い思い出をたくさん心のお土産として持って帰りたいなって思っています。





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ