フィンランドの甘い朝ごはん

フィンランドで過ごした年末年始。

北極圏のラップランドに位置するサーリセルカでは、暖炉付きのアパートを借りました。

借りたアパートはサーリセルカの有名なクーッケリ スーパーマーケット(KuuKKeli Supermarket)のすぐ近くだったので、スーパーのパンコーナーに毎日焼きたてパンを買いに行っていました。



お気に入りはこちらのムンッキポッス(Munkkipossu)。

フィランドのムンキトッス.jpg




一緒に買った普通の形のドーナツと一緒に。



ムンッキポッス(Munkkipossu)は、形が、ブタのようにみえるからこの名前がついたとのことですが、最初は全然ブタには見えませんでした。
中には林檎ジャム(ベリー類のジャムの時もあります)が入っています。




こちらも何度も買って食べました。
お米のパイ(カレリアンピーラッカ / karjalanpiirakka)

カレリア・パイ.jpg


ライ麦粉で作ったパイ生地で、ミルクで煮たお米を包んだフィンランド名物です。



カレリアンピーラッカ(karjalanpiirakka)は、フィンランド東部のロシアと国境を接するカレリア地方発祥のパンだそうですが、今ではフィンランド全国で愛されている有名なパンです。



またフィンランドといえば、ベリー類のソースが有名ですが、甘酸っぱいクランベリーソースを買ってきて、パンケーキにかけたり、甘いベリーのケーキにかけたりして食べていました。



クレープみたいに薄めに焼いたパンケーキとクランベリーソース。

パンケーキとクランベリーソース.jpg




甘いベリージャムが挟んであるケーキにかけて。

ベリーケーキとクランベリーソース.jpg



ベリーケーキの甘さが、クランベリーソースの酸味で和らいでいい感じです。






それから忘れてはいけないのは、やはりこちらでしょう。


フィンランドといえばやっぱりシナモンロールですよね。


滞在中、カフェなどでも何度かいただきました。


こちらは、帰りの空港で買って帰ったシナモンロールとジャム入りの揚げパンです。

そして、アラビアのマグのムーミンシリーズから、迷いに迷って選んでのがこちらのフレーレンのマグカップ。



パリに戻ってからも、このマグカップでコーヒーを飲むたびに楽しかったフィンランドの思い出が蘇ります。

フローレンのマグカップとシナモンロール.jpg






アラビアのムーミンシリーズのマグカップについては、また後日に記事にしようと思います。




ちなみにシナモンロールはフィンランド後でコルヴァプースティ(KORVAPUUSTI)というそうです。

でもシナモンロールで通じるのでご心配なく。

フィンランドのシナモンロールは、コーヒーと一緒にいただくとクセになってしまうほどの美味しさです。


ただ、購入するお店によっては美味しさに違いがあるので、ヘルシンキでほっぺが落ちそうなくらい美味しいシナモンロールを食べたので、そちらについても近いうちに書いてみようと思います。





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ