息子のお土産 - 救援物資

クリスマスイブにフィンランドの北極圏『サーリセルカ』に到着した息子は、近所のコンビニにでも行くような軽装で待ち合わせの場所にやってきました。


自分の荷物は登山用リュックに全部入れてきたようで、大きなスーツケースの中身は全て日本食でした。


IMG_2871.jpg


IMG_2872.jpg




ラップランドでは、トナカイ肉やサーモンスープ、そしてシナモンロールなどの名物料理があるのですが、ヨーロッパ暮らしが長い私には、日本食のお土産はとてもありがたいです。



早速、こちらで晩酌を楽しみました。


前回、息子がパリに帰省したときに、頼んで持ってきてもらった日本酒の瓶が、スーツケースの中で割れてしまっていたので、今回は紙パックのお酒をお願いしました。

IMG_2881.jpg




おつまみの歌舞伎揚げやスルメイカ、北海道土産の黄金かに。

IMG_2882.jpg






お土産といっても、カップ麺やお菓子ばかりなのですが、息子が選んで持ってきてくれたと思うと、全てが美味しく感じます。


温めるだけのレトルトの雑炊もあったので、トナカイ料理に飽きたときに便利でした。





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ