2016年11月06日

狼と香辛料


大学生の息子に、

これラノベだけど、経済の勉強にもなって面白いよ。

と勧められて、読み始めました。



商人の話なので、確かに、為替や売掛金、先物取引など、経済用語がたくさん出てきます。





表紙がちょっとアレなんですが、この1巻は読み終わって今2巻目を読んでいます。


狼と香辛料 (電撃文庫) ペーパーバック



こんなにあるとは知りませんでした。


狼と香辛料 1巻-17巻セット (電撃文庫)




なんと18巻目まで出てるようですね。



狼と香辛料 (18) Spring Log (電撃文庫) 文庫




海外育ちで日本での義務教育を受けていない息子ですが、ライトノベルだと言え、普通に日本語の本が読めて楽しめているようなので、少しホッとしました。


漫画でもラノベでも、面白くて何らかの発見や学びにつながるものが多いので、先入観を持たず、どんどん読んでみるといいですね。





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ






style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6105412525500055"
data-ad-slot="3771696104">

posted by ミカリュス・ブルガリス at 06:10 | パリ | 日本語学習・日本語維持 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること