パリによく来る人でなければ - Honoré de Balzac


2E701230-D6D6-4C1D-B19C-263A5E9BE1A0.jpg



L'être qui ne vient
pas souvent
à Paris ne sera
jamais complètement
élégant.

パリに
よく来る人でないのなら
その人は
本当に洗練された人には
ならないだろう。

(翻訳:ミカリュス・ブルガリス)




フランス現地校に通う息子が、中学生の頃の課題図書が、バルザックのゴリオ爺さんでした。


Le Pere Goriot (Le Livre de Poche) (フランス語) ペーパーバック Amazon.co.jp



私は、まず日本語で読んでみようと、こちらを取り寄せてみました。



ゴリオ爺さん (上) (岩波文庫) 文庫 Amazon.co.jp


ゴリオ爺さん (下) (岩波文庫) 文庫 Amazon.co.jp



今、アマゾンのサイトを見てみると、読みやすそうな新訳もたくさん出てるので、そちらを買えば良かったかもしれません。

中村佳子さんのこちらの新訳ヴァージョン、ぜひ読んでみたいです。

岩波文庫の高山鉄男先生の翻訳と比べて読むことで、深くフランス語と日本語の微妙な言い回しについて学べそうな気がします。


ゴリオ爺さん (古典新訳文庫) 文庫 – 2016/9/8 Amazon.co.jp




全文ではなく一部抜粋のようですが、フランス語の原文と日本語翻訳の両方が読める参考書も出ているようです。
CD付きで耳でフランス語のストーリーが聞けるのはいいですね。



対訳 フランス語で読む「ゴリオ爺さん」《CD付》 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/27 Amazon.co.jp




にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ






style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6105412525500055"
data-ad-slot="3771696104">