潮干狩りをする子どもたち

ランキングに参加しています。
清き1票をいただけば、たいへんうれしいです。ぴかぴか(新しい)
ありがとうございます。♡

にほんブログ村 外国語ブログ 語学学習法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村



フランス語を勉強中の方へ
ミカリュスとグランヌヌスの日常生活を日仏対訳付きで絵日記にしました。
フランスの普通の暮らし、おいしいもの、フランス現地校生活、日本逆留学体験など、軽いタッチで書いています。
      バッド(下向き矢印)
ミカリュス・ブルガリスのフランス語恋愛絵日記




フランス、ブルターニュ地方、サンマロ(St-Malo)の近くの海岸線をドライブして、海辺を散歩。



潮干狩りをしている家族連れ発見。

IMG_5144.JPG




いっぱい美味しい貝は採れたかな。

IMG_5145.JPG




ブルターニュの海は、男性的。

厳しい気候の中、たくましさを感じます。

IMG_5146.JPG



雨と風のせいで、長い私の髪は、すぐに縮れてしまうから、ここに来るバカンスでは、いつもなんだかくしゃくしゃの髪の私です。





もう私の子どもは大きくなってしまったけれど、こんなふうに子供部屋のインテリアを考えるのは、楽しかったなぁ。

親の好きにできるのは、10歳くらいまでかな。

思春期になると、男の子の部屋は、なんだか殺風景になってきて、なんだか寂しい私です。




ようこそパリの子供部屋



出版社/著者からの内容紹介
キュートでユニーク、そしてユーモアあふれるお部屋の主は、ちいさなムッシュ、マドモワゼルたち。パリの子どもたちのお部屋を集めた、いつまでもながめていたいインテリアブックが登場!前著「パリの子供部屋」から3年。アーティストのパパ・ママを持つ、パリの子どもたちのお部屋をジュウ・ドゥ・ポゥムがまたまた訪ねてきました。インテリアはもちろん、子どもたちが大切にしている宝物、いつも読んでいるかわいい絵本、お気に入りのファッション、そしてお絵描きしたり工作した作品なども紹介。愛情たっぷりのお部屋と、そこでのびのび育つ子どもたちの横顔がかいま見られます。パパやママたちはもちろん、読者のみなさんの等身大のインテリアのインスピレーションソースとしても楽しめます。パリのアーティストならではのインテリアへのこだわり、色使い、モチーフや素材のあわせ方、ページのすみずみまでマネしてみたくなる要素でいっぱいの1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)
パリの子どもたちのお部屋へご案内!ずっと眺めていたい、愛情たっぷりのインテリアブック。

(以上、アマゾンの紹介文より)






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック