2009年07月14日

Okapi

Okapi.jpg

 
 今回、ご紹介する雑誌はフランスの中学生たちがよく読んでいる雑誌「Okapi(オカピ)」です。

 前回、息子が購読している雑誌「Le Monde des ados」についてご紹介しましたが、「Le Monde des ados」が時事問題に多くのページを割いているのに比べて「Okapi」は、内容がよりバラエティに富んでいて、ティーンエイジャーの学校生活の悩みや、両親との関係など心理的な問題から、人気スターの話題まで幅広く扱っています。特に悩み相談コーナーは、男の子と女の子でページが分かれていて、それぞれの悩みに同性の回答者が、ティーンエイジャーの立場になって答えていて、かなり読み応えがあります。

 このフランスのティーンエイジャーに人気の雑誌「Okapi(オカピ)」に、ジャーナリストとして記事を書いていたフェールチャック ソニア(Feertchak Sonia)の本が日本でも発売されています。この本のアマゾンの紹介文では、著者は女の子雑誌「Okapi(オカピ)」で記事を書いていたとなっていますが、フランスではOkapi(オカピ)」は男の子にも女の子にも読まれていて、学校の図書館にも必ずあるほどの人気雑誌です。息子も大好きで、休み時間に学校の図書館で読んだり、街の図書館でバックナンバーを借りて読んでいます。

livre de sonia feertchak.jpg これから女の子になるための女の子大事典

 フランスの人気のティーン誌の人気ライターが書いた、ティーンエージャーの女の子が持つすべての悩みを解決する「女の子の身体と心がわかる事典」。フランスでは、本書刊行直後から思春期の女の子を中心に、その年頃の女の子を持つ母親たちの間で大人気になり、ベストセラーとなりました。日本語版では、「性格&悩み」「ライフスタイル」「Love & Sex」「おしゃれ&ダイエット」「家族」という5つの分野に項目を分類し、親子で読めて、しかもオシャレ先進国フランスのエスプリをたっぷりと吸収できるようになっています。好奇心旺盛で多感な多くのティーンエージャーの女の子たちはもちろん、女の子を育てているママにも読んでもらいたい素敵な一冊。



 ちなみにOkapi(オカピ)とは、アフリカ中央部の密林に生息するキリン科の哺乳類で、首や四肢はキリンのように長くなく、体型は馬に似ています。毛色はチョコレート色で四肢がシマウマのように縞模様になっているのが特徴。ジャイアントパンダ、コビトカバとともに世界三大珍獣の一つです。

関連記事はこちら
Le Monde des ados

人気ブログランキングへ
posted by ミカリュス・ブルガリス at 01:25 | パリ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | フランスの子どもたちが読んでいる本や雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123447295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること