2009年03月24日

フランスの小学校の課題図書@

matilda 001.JPGmatilda 003.JPG 
 今回ご紹介するのは、フランスの小学校の最終学年(CM2)のときの課題図書、ロアルド・ダールのマチルダ(邦題は「マチルダは小さな大天才」)です。

 両親にほったらかされ、一人で図書館に通い、四歳ちょっとで図書館の本をほとんど読んでしまった、天才少女マチルダが、周囲にいる悪い大人たちを次々にやっつけていくお話。前半はいんちき中古車ディーラーの父親が、後半は小学校の暴力校長が、マチルダのアイデアで、気持ちよく見事にやっつけられていきます。

 学校指定の本は、Gallimard社というフランスの出版社の「FOLIO JUNIOR」というコレクション。10歳から16歳の子供からティーンエイジャー向けの本がセレクトされています。

 アマゾン・フランスから抜粋したフランス語のこの本の紹介文を転記しますので、フランス語を学習している人は、参考にしてしてください。

Matilda est une petite fille très intelligente. Très, très intelligente. Elle apprend à lire toute seule à l'âge de trois ans, et elle adore ça. Cela n'est malheureusement pas du goût de ses parents, deux abrutis qui préféreraient que leur fille regarde, comme eux, des émissions stupides à la télé. À l'école, la petite Matilda n'est pas au bout de ses peines, puisque la directrice de l'établissement déteste les enfants et leur inflige les pires cruautés. Heureusement, il y a aussi une gentille institutrice. Et puis, Matilda a des talents vraiment exceptionnels...

フランス語で読みたい人は、アマゾン・フランスで購入できます。


息子が学校指定で購入したのが、こちらの表紙のもの。お話の最後に、「EDITION SPECIALE」として、32ページ分のクイズやゲームがついています。この本、以前は日本のアマゾンでも購入できたようですが、今は取り扱いされてないようです。(残念!)




日本語翻訳版はこちら



こちらは、英語のペーパーバック版、マチルダを原書で読みたい方に。
平易な英語でどんどん読み進めます。



マチルダの英語版オーディオブック(CD)、易しい英語で語りかけてくれるので、知らず知らずのうちにネイティブの発音が身につきます。



posted by ミカリュス・ブルガリス at 21:33 | パリ ☁ | Comment(0) | フランスの子どもたちが読んでいる本や雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること