パリ郊外のソー公園でお花見

パリ郊外のソー公園。

パリ近郊に住む日本人のお花見の場所として有名です。




快晴の日曜日、電車に揺られてソー公園まで行ってきました。



着いてみたらなんと、ソー公園のお花見スポットがフランス人コスプレーヤーたちでいっぱいでした。

4FD7305A-8AA3-49F9-B702-FEC023379EE2.jpg




ジャパンエキスポの予行練習といったところでしょうか。

B5416DDD-13EF-4AB9-B796-AFA61307128B.jpg




フランスの若い人たちが、日本文化に関心があってコスプレとかしてくれているのも見ると、ほほえましくてとても嬉しくなります。




残念ながら、桜はほとんど散っていて葉桜になっていました。

3150866F-BD94-4129-9F2F-5F136CF2F5F7.jpg





なんとか花が残っている木を見つけて撮ったのがこちらの写真です。

1917317F-7F77-422D-8303-D50F1B004A19.jpg






桜はほとんど終わっていたけれど、コスプレも見れたし、芝生の上で日向ぼっこしながら寛ぐのはとても気持ちが良かったです。





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ






フィンランド イヴァロ空港からサーリセルカへ

日本に留学中の息子と一緒にクリスマスとお正月を過ごしました。

少し時間が経ってしまいましたが、思い出が風化しないうちにそのときのフィンランド旅行について書いていこうと思います。




早朝にフィンランド・イヴァロ空港に到着した。

まだ真っ暗です。

イヴァロ空港.jpg




ヘルシンキから乗ってきたフィンエアーの飛行機。
小さいです。

イヴァロ空港3.jpg





イヴァロ空港。

イヴァロ空港4.jpg




預けたスーツケースを待ちます。

vial airport 2.jpg




イヴァロ空港はとても小さいです。

はっきり言って何もありません。

迷うこともありません。

イヴァロ空港5.jpg




あるのはこの売店兼カフェだけといってもいいくらいです。

(早朝だったからかもしれません。到着して荷物を受け取りすぐにバスに乗ってサーリセルカに向かったので、よく見てなかったのかもです。)

イヴァロ空港 売店.jpg





このカフェの横にある扉から外に出ると大型バス(エアポートバス)が待っています。

サーリセルカ以外の行き先のバスも待っているようでしたので、運転手さんに行き先を確認してから乗りましょう。


イヴァロ空港からサーリセルカの街の中心までのバス代は大人10ユーロ、4歳から11歳までの子供は5ユーロです。


予約はしなくてもだいじょうぶでした。





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ






息子のお土産 - 救援物資

クリスマスイブにフィンランドの北極圏『サーリセルカ』に到着した息子は、近所のコンビニにでも行くような軽装で待ち合わせの場所にやってきました。


自分の荷物は登山用リュックに全部入れてきたようで、大きなスーツケースの中身は全て日本食でした。


IMG_2871.jpg


IMG_2872.jpg




ラップランドでは、トナカイ肉やサーモンスープ、そしてシナモンロールなどの名物料理があるのですが、ヨーロッパ暮らしが長い私には、日本食のお土産はとてもありがたいです。



早速、こちらで晩酌を楽しみました。


前回、息子がパリに帰省したときに、頼んで持ってきてもらった日本酒の瓶が、スーツケースの中で割れてしまっていたので、今回は紙パックのお酒をお願いしました。

IMG_2881.jpg




おつまみの歌舞伎揚げやスルメイカ、北海道土産の黄金かに。

IMG_2882.jpg






お土産といっても、カップ麺やお菓子ばかりなのですが、息子が選んで持ってきてくれたと思うと、全てが美味しく感じます。


温めるだけのレトルトの雑炊もあったので、トナカイ料理に飽きたときに便利でした。





にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ







ヘルシンキ ヴァンター国際空港の仮眠室『GoSleep』

フィンランドで息子と一緒にクリスマスとお正月を過ごしました。

その時の思い出を、写真の整理も兼ねてこちらのブログに書いていきたいと思います。



パリから北極圏のラップランドに行くのに、ヘルシンキのヴァンター空港で乗り継ぎをしました。


夜のヘルシンキ・ヴァンター空港には、寝袋を持ってきて早朝の便を待っている人がけっこういました。


こんな感じで、ベンチで眠ている人がいます。

ヘルシンキ空港.jpg




子供の遊び場っぽい場所でも寝ている人がいました。

ヘルシンキ空港3.jpg





よく見ると、入り口に『BOOK SWAP』という看板がありました。

ヘルシンキ book swap.jpg



どうやら、ここは本の交換所のようで旅行者は読み終わった本を置いていって、代わりに読みたい本をもらって帰るシステムのようです。


国際空港内なので、世界中の言語の本が置いてあるのが面白いですね。






私は、ベンチでは寝れないので、空港内の仮眠室『GoSleep』で少し横になりました。

夜中は無料と書いてあるサイトもありましたが、空港内で中国人の係りのお姉さんが『GoSleep』のある場所まで連れていってくれて、いろいろ説明してくれて料金を支払いました。

ヘルシンキ空港 仮眠室.jpg




空港と直結しているホテルもあるようなので、次の便まで余裕がある人で予算が許せばホテルに泊まるのもいいと思います。


数時間の乗り継ぎの場合で、ゆっくり横になりたい場合は、『GoSleep』を話のタネに使ってみるのもいいかもです。



GoSleepのサイトです。
   ⤵
http://unisolutions.fi




あまり仮眠はできませんでしたが、この後、早朝の便でイヴァロ空港へ向かいました。



日本から来る息子とは、翌日、現地のサーリセルカで合流することになっています。




にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ






可愛すぎるミニミニマネージュ

ノルマンディーの首都「ルーアン」。

ジャンヌダルク教会のそばにあるとっても小さなメリーゴーラウンドがありました。


AC54EA07-2D2B-4986-8541-4C1468B9EB81.jpg






一周が一瞬で終わってしまいそうです。


39294471-97C4-4F70-92E4-90A591FDFD03.jpg




メリーゴーラウンド (merry-go-round)は、フランスではマネージュ(manège)と呼ばれ、フランス中の駅前広場などに設置されていて子供たちを楽しませてくれています。






にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


育児・バイリンガル ブログランキングへ