バイリンガル? セミリンガル?

14歳で日本語能力試験1級の試験をパリで受験した息子。

TOEIC日本語版(本当?)と言われている日本語を母国語としない外国人向けのその試験は、結果的には、息子には簡単過ぎたのですが、受験の動機としては、日本で義務教育を受けていない息子の日本語力を証明するものが必要なときがいつか来るかもということと、フランスの現地校で、生まれも育ちも生粋のフランス人の中にひとり混じって、フランス語に困難さを感じながら過ごしている息子に、何か自信に繋がるようなキッカケにならないかと思ったというのもあったのでした。

また当時、お試しでほんの短期間だけ通ってみた日本語補習校も、普段から日本語の漫画や小説を読みまくっていた息子にとっては退屈で、すぐに行かなくなってしまいました。




それからご縁があって、日本の帰国子女受け入れ校の国際高校に入学することになり、はじめて日本語で学ぶ教科に戸惑いながらも、持ち前の楽天的な性格で、テストで良い点数が取れなくても落ち込むこともなく、大学受験の日以外、一度も学校を休むことなく、3年間日本語漬けの日々を送ることができて、難しい漢字もそれなりに書けるようになりました。



(と言っても、先日、紛失したカードの再発行の手続きの書類を記入しているとき、

「ママ、片仮名の『よ』ってどうやって書くんだったっけ?」

と聞いてきたのが、ちと心配ではありますが。笑)




また、日本の高校時代に、達者な口がさらに達者になって日本語で自分の意見が理路整然と言えるようになったのは、日本の普通の公立高校ではなくて、普段からディベートなどで生徒同士で意見をぶつけ合い、受け身ではない授業が多かった海外帰国子女が生徒の3分の2を占める国際高校に通っていたという点も大きいかもしれません。


というわけで、日本語の方は日常会話だけでなく学習言語としても社会的言語としてもなんとか通用するレベルに達してきたかなというところです。



フランス語の方は、赤ちゃんのときからフランス人家庭の中で育ち、パパもママも、バカンス時に長期に渡って一緒に過ごすおじいちゃん、おばあちゃんやいとこたちも全員フランス人という生粋のフランス人と比べると越えれない壁は常にあると思います。


これに関しては、これからフランスで大学院に行くなり、フランス企業で働くなりしていくうちに少しずつ時間をかけてギャップを縮めていくしかないでしょう。


フランス語を日常的に使わなくなって3年半ですが、学習言語として読み書きを徹底的にやらざるおえなかったことと、義務教育期間という学問の基礎を固める段階の言語がフランス語だったということもあり、特に維持のための学習を続けなくても、レベルが大きく下がってしまうということはなさそうです。

本人のモチベーションにもよりますが、今後の努力によってはかなり上のレベルまでいけるのではないかと、フランスで淡々と夏期講習に通う様子を見て勝手に思っています。



というわけで、一歩間違えればどちらも中途半端なセミリンガルになってもおかしくない状況ではありますが、このまま二つの言語空間を行ったり来たりしながら、その場でその場で必要な言語を使う生活を続けながら、言語を超えた自分の専門分野の知識と経験を積み重ねていくことが、今後、日本でもフランスでも国をまたいで生きていく上での重要ポイントではないかと感じています。







日本語能力試験 公式問題集 N1


唯一の公式問題集 N1~N5同時発売

ついに発売!!実際に出題された問題をまとめた唯一の問題集です。
2010年以降の試験に出題された問題の中から、試験1回分相当の量の問題が収載されています。
また、試験の概要(「認定の目安」「尺度得点について」「問題の構成と大問のねらい」「よくある質問」など)も掲載されており、受験者必須の1冊です。
聴解のCDとスクリプト付き。
「公式」なので、受験レベルのチェックや受験直前の練習に安心して使えます。
(アマゾンの紹介文より)




合格できる日本語能力試験N1

新試験の出題形式に合わせた例題357問掲載。出題形式ごとの解説では問題を解くコツを紹介。実戦形式の総復習問題で実力をチェック。CD2枚には聴解試験を157分収録。解答・解答用紙・聴解試験スクリプト入り別冊付き。
(アマゾンの紹介文より)








パリ西郊外の小さな街で

パリの西、マルメゾンの森より少しだけ西側に、ブージヴァル(Bougival)という小さな街があります。

フランス国鉄(SNCF)のブージヴァル駅からセーヌ川の方向へ歩いていくと、鬱蒼とした広い庭に囲まれたお屋敷街が広がります。


駅からそう遠くないところに、ジェラール・ドパルデューのお屋敷もあるそうで、パリからは少し離れていますが、都会の喧騒から離れた自然豊かな場所で静かに暮らしたいと思う人は多いのでしょうね。




街の中心にある教会。

Bougival 5.jpg




なんだか、遠くの田舎町に来たような気分になります。



教会の近くは、街の中心になっていて、ブティックやパン屋さん、銀行などが並んでいます。


普通のアパートっぽいけれど、昔の子供のノートなどが飾ってあるお家を見つけました。


Bougival 1.jpg




日曜日だったので閉まっていたけれど、もしかしたらブティックなのかもしれません。


窓辺にも、こんな可愛いデコレーションが。


Bougival 4.jpg



Bougival 3.jpg



Bougival 2.jpg





坂が多いこの街を散歩していると、歩いているだけでかなりの運動量になります。

ハイキング姿の人も多く見かけました。

パリに住み始めて10年以上経ちましたが、まだまだ知らない街がいっぱいあります。

体力作りのため、できるだけ徒歩で、これからもいろいろな場所を訪れてみたいと思っています。






歩いてまわる小さなパリ{日帰り旅行も!}




出版社からのコメント
「パリって案外、小さくて歩きやすい街なのです」というコンセプトから誕生した前作『歩いてまわる小さなパリ』。発売以来、たくさんの方々からパリ旅行のパートナーとして選ばれ、この本を片手にパリ散策を楽しんでいただくことができました。
それから2年、パリの老舗&最新スポットに加えて、ヴェルサイユとシャルトルへの日帰り旅行の提案も入れて新登場です。

内容(「BOOK」データベースより)
パリの老舗&最新スポットを楽しんだら、ヴェルサイユとシャルトルに足を延ばして。有名スポットから徒歩15分圏内、秘密の166件を案内。

(以上、アマゾンジャパンの紹介文より)








ムール貝大好き - LEON de Bruxelles

日本に留学中の息子が、夏休みでパリに帰省しています。

小さい頃から、大好きなムール貝を食べに『LEON de Bruxelles』に行ってきました。



この日は、いつも行くオペラ店ではなくて、メトロ『Les Halles』の近くにあるレオンに行きました。

6457ADDB-91BC-4E15-AF41-CD865E70945C.jpg




いつも混み合っていて、サービスする人がちょっとイライラしているオペラ店とは違って、お昼時なのに空いています。


590C0169-916F-4AF0-A1DB-4C04FBC79377.jpg


そしてサービスもすごくいいです。

何も言わなくても、カラフに入った冷たいお水が運ばれてきました。

オペラ店なら、3回くらい頼んで、やっと持ってきてくれるという感じです。


43997089-C255-4533-AADE-DB05BAE40404.jpg




ランチメニューから、息子はお気に入りのムール貝のココットを注文。

ランチ価格に3ユーロプラスするとクリームスープも選べます。

351884A1-F7E5-478C-82CA-901B4F2A3AC4.jpg



私は、今回はじめて新メニューのフィッシュ&フリットを注文してみました。

8E6394D9-C019-4508-B967-4791BEF27424.jpg



息子のムール貝にも、たっぷりの揚げ立てのポテトフリットがついていて、お代わり自由です。

いつも混んでるオペラ店では、お代わりを頼んでもいつ運ばれてくるかわからないくらい待たされますが、こちらのお店では、サービス係の人が、わざわざ来てくれて、「お代わりいる?」って聞いてくれました。


ポテトフリットも大好きな息子は、もちろん「Ouiiiiiiii, merci」と答えて、熱々のお代わりを堪能していました。



そしてデザートタイム。


ランチメニューでは、いくつかのデザートの中から好きなデザートが選べます。

息子は、パイナップルのスライスをチョイス。



私は、カフェ・グルマン。

エスプレッソに、フォンダンショコラとクリームブリュレがついています。

C3FB880E-E249-48AF-98AE-5E6B4513B165.jpg




メインの前にはサラダも出てきて、パリで子供連れでランチするには、お手頃価格でオススメです。


レオンは、お子様メニューも充実しているので、我が家は、息子が小さい頃からよく通っていました。


お子様メニューには、ムール貝だけではなく、ステーキアッシュなどの子供が好きなメインも選べて、デザートも子供向きのアイスクリームなど充実しているので、お誕生日会などで使われることも多いようです。