第二外国語はフランス語 - 大学編


4月から大学生になった息子ですが、第二外国語はフランス語を選択するようです。


思えば高校生活が始まるとき、フランス語を選択する機会があったのに、頑に拒否。


もう話せる言語を学んで何になるんですか?


と上から目線で、中途半端な学習量のスペイン語を選択。



そして、11才頃からフランスでスペイン語をやっていたとは思えない点数をたたき出し、やる気全くゼロ状態に。


学年が上がるにつれて、GPAの大切さに気づき、やっぱりフランス語にしとけば良かったと後悔しても後の祭りでした。




そして、3年後、大学生になって、単位がとれなくて留年の危機になるリスクを少しでも減らすために、今回は素直にフランス語を選んだようです。



数学、物理に苦戦するだろうから、ひとつくらい息抜きできる科目がないとね。(笑)








眠れる森の美女のお城 - お城の中


ロワールの古城巡りはフランス旅行の定番ですが、眠れる森の美女の舞台になったユッセ城は、外観も中もとてもロマンチック。

各部屋には、物語を再現した装飾が施されているので、子供連れならぜひ訪れたいお城です。



100年の眠りから覚めるオーロラ姫

20150414210515950.jpg


糸巻きの部屋

20150414210441541.jpg


各部屋には、フランス語で、物語のシーンが書かれたプレートが置いてあります。

20150414210536088.jpg



古びた室内装飾や、かつての王様たちの肖像がばかりのお城巡りに飽きたら、ちょっとディズニーランドみたいな雰囲気の明るい雰囲気のユッセ城で、お姫様気分にひたってみるのもいいかもしれませんね。












フランス語を勉強中の方へ
ミカリュスとグランヌヌスの日常生活を日仏対訳付きで絵日記にしました。
フランスの普通の暮らし、おいしいもの、フランス現地校生活、日本逆留学体験など、軽いタッチで書いています。
      バッド(下向き矢印)
ミカリュス・ブルガリスのフランス語恋愛絵日記