BRASSERIE LIPP


サンジェルマン・デ・プレの老舗ブラッスリー『BRASSERIE LIPP(ブラッスリー・リップ)』。

LIPP.jpg



1880年創業の歴史あるこのブラッスリーは、古き良き時代を感じさせるノスタルジックな内装と、クラッシックなスタイルのギャルソンたちのサービスとともに、ああ、パリに来たんだなぁとしみじみ思わせてくれます。


テーブルとテーブルの間隔は、日本では考えられないほど狭く、他のお客さんたちとくっつきあって、食べる感じなのですが、それはそれで、慣れてしまうとなんてこともなく、それぞれのテーブルで、みんな食事や会話を楽しんでいるのを感じながらの食事も楽しいものであります。


ここは、子供向きのレストランではありませんが、週末のランチタイムなどは、近所に家族連れも来てきて、家族で楽しく食事している風景がみられます。


私も、旅行でパリに滞在中、当時6才くらいの息子を連れて、ガイドブックに載っていたこの老舗ブラッスリーに入ってみました。


スペシャリテの『シュークルート・リップ Choucroute Lipp Spécial au Jarret de Porc』を2人分も注文して、量が多過ぎて食べきれなかったのを思いだします。


今なら、私の胃袋もフランス人並みに成長?したし、息子も大きくなったので、すっかりたいらげることができるでしょうが。。。


いつか、また、昔のように、息子とパリデート♡をしたいものです。

いや、もうそんな日は来ないかな。

子供の成長は、早いものですね。






懐かしのモンパルナスタワー

高いところに上るのが好きな息子。

パリでは、なんど、エッフェル塔の長ーい列に並ばされたことか。。。


そして、モンパスナスタワー。
ここからは、エッフェル塔も見えるということで、上ってみました。

もう10年ほど前のことです。

当時、(今でも?)屋上テラスの柵は、あってないような低い柵で、おまけにその日は強風で、小さな息子も、まだ今より少しは細くてか弱かった私も、ふたりとも吹き飛ばされそうで、しっかり手を握りあっていたのを思いだします。


いえ、手を握りあっていたというのは、私の妄想で、屋上テラスの上を、強風の中、走り回る息子の手を離さないように必死で握っていたのは私だけかもしれません。



そんな息子も、もう高校生。
先日は、東京でスカイツリーに上ろうとしたけれど、強風のため、上れなかったそうです。



夕暮れ時のモンパスナスタワー。

モンパルナスタワー.jpg




久しぶりにこの辺りを通りかかったので、ふと昔を思いだした瞬間でした。