日本人同士で外国語で会話することについて



長くなってきた外国暮らし。

気の会う日本人の友人と、日本語であれやこれやと語らうのは、気楽でほっとするひとときです。

でも、そこに、ひとりでも、日本語がわからない人がいると、当然、みんなの共通言語での会話になります。



ゆうべ、なんでも話せる仲の良い友人(日本人)が、家に遊びにきてくれた。
我が家には、日本語が全く理解できないフランス人が約1名いるので、当然、会話はフランス語になる。

ちぇっ、めんどくさいな。
フランス人、ちょっと、別の部屋にでも行ってくれないかな。

と思ったりしないでもないのだか、

日本人同士で、フランス語を話すのって、意外とすごく勉強になるということに気づいた。


よく外国語会話の練習は、ネイティブスピーカーでないとというが、普通にネイティブと会話できるようになってからは、日本人の話す英語やフランス語を聞くと、自分が普段使わない表現とか、言い回しを学べて、とても参考になる。

また、彼女が言いたいことが、すごくわかるので、助け舟も出しやすい。

反対に私の言いたいことを、彼女が補完して言ってくれたりするのでありがたい。


だいたい、私たちがフランス人に言いたいことって、だいたい同じようなことが多いので、そうだ、そうだ、よくぞ言ってくれたと、応戦もしやすい。



いつもは、どこに行っても、誰といても、フランス人の中に私ひとり日本人ということがほとんどなので、こんなふうに、日本人が複数いると、こっちも強気でいられるのだ。



また、フランス語での表現力を身につけたいならば、日本の小説のフランス語翻訳を読むのも、フランス人作家の本に比べて、すいすい理解できてお勧めです。


自分が知っている日本の地名、文化、生活が、フランス語翻訳されているので、こういうときはこう訳せばいいのね、こういう言い方をすれば伝わるのね、と、新たな発見がいっぱいです。




村上春樹さんの小説は、フランスでも大人気。

日本語で既に読んだことのあるものからチャレンジしてみてはどうでしょうか。




1Q84, Livre 1



1Q84, Livre 2




La ballade de l'impossible








バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること

バイリンガルとは?/子どもの母語の発達と年齢/バイリンガル教育の理論/家庭で育てるバイリンガル/イマージョン方式のバイリンガル教育/アメリカのバイリンガル教育/海外子女とバイリンガル教育/日系人子女とバイリンガル教育/バイリンガルと文化の習得/バイリンガル教育への疑問/バイリンガル教育の外国語教育への貢献

本書は、日本でバイリンガルを育てるために必要だと思われる基本的な概念と実践例をまとめたものである。一貫してバイリンガルの問題を個々の子どものことばの発達を中心に、語学教師の立場から扱い、幼児、小学生、中学の初めまで、つまりバイリンガルの形成期の家庭と教育機関の在り方の問題に絞った。

日本の国内に住みながら、子どもをバイリンガルに育てるためには、家庭・学校・社会が適切な言語環境をつくる必要がある。バイリンガル教育の先進地カナダでの研究を基に、その概念と実践例を解説。1998年刊の増補改訂版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中島/和子
1936年東京都出身。国際基督教大学言語科でB.A.(言語学)、M.A.(英語教育・日本語教育)、トロント大学東アジア学科でPHIL.M.(日本語学)を取得。現在トロント大学東アジア学科准教授、New College Fellow、カナダ日本語教育振興会名誉会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(以上、アマゾンの紹介文より)




頭の中のパズルのピース



海外育ちで、日本の義務教育をほとんど受けていない息子が、日本の高校に通いはじめて半年。

毎日、日本語で授業を受けて、クラスメートとの日本語の会話のシャワーの中にどっぷりと暮らす日々を送っています。


学校の授業、宿題、テスト、そして普段の日常生活のおかげで、今まで、なんとなく聞いたり読んだことがあるけれど、はっきりと説明できなかったり書けなかったしていた事柄の多くが、まるで、頭の中の欠けていたパズルのピースがはまっていくように、理解できてきているのではないかと思います。


なぜ、そう思うのかというと、私がフランスに住みはじめたときがそうだったから。


日本で、フランス語を学んではいたけれども、頭の中のパズルは穴だらけで、正確な意味や微妙なニュアンスなど、生活してみなければわからなかったいろいろなことが、日々の生活の中で、少しずつ解決していき、パズルの足りないピースが埋まっていくように、ばらばらだった知識や勘違いしていたことが、ああ、そうなんだと理解していく感じ。


私の場合は、母国語から外国語への生活言語の変化だったけれど、息子の場合は、外国語環境から母国語環境への変化ということと、まだ15歳という若さの吸収力、理解力のおかげで、もっと、すごい早いスピードで、パズルが埋まってきているのではないかなと思います。


一番の懸念だった、日本語を紙に書くという作業も、まだパソコンでのレポートの提出が許されていない高校生という年齢で帰国したことが、かなり役立っているようです。

毎日の授業のノート、宿題、レポート、全て手書きです。
テストでは、答えが合っていても、漢字が正確に書けていなければ減点、もしくは点がもらえないことも。


フランスでも、外国人扱いしてもらえることはなく、細かい綴りの間違いや、表現力の稚拙さを、手厳しく指摘、減点されていましたが、母国、日本でも、政治・経済や倫理のテストで、漢字を間違えて減点されているのを見ると、どこの住んでもたいへんそうでかわいそうな気もしますが、そのおかげで、めんどくさくてたまらなかった漢字を紙に書くということを、いやいやながらでもする機会があるのは、ありがたいことです。


私の知り合いで、フランス生まれ、フランス育ちの日本人の娘さんがいますが、彼女の場合、20歳を過ぎて日本に留学して1年ほどで、日本語での会話の内容、ボキャブラリーなど、驚くほどの発達があったそうです。

彼女のお母さんは、今では、いろいろな分野のことを、娘さんと日本語で話し合うことができるようになったのが、とてもうれしいそうです。



私も、息子がフランスにいた頃は、ついつい小さい子供に話しかけるような日本語を使ってしまっていましたが、今は、遠慮なく大人の日本語で話しています。



そう考えてみると、海外での日本語教育は、それほどあせらなくても、楽しくマイペースに続けていけばいいのかもしれませんね。


いつか、日本で学ぶ機会や、仕事をする機会があるのなら、きっとそのときに、必要なときに、足りないパズルを埋めていけばいいのですから。





日本語教育における学習の分析とデザイン―言語習得過程の視点から見た日本語教育 (日本語教師のための知識本シリーズ1)





バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること

バイリンガルとは?/子どもの母語の発達と年齢/バイリンガル教育の理論/家庭で育てるバイリンガル/イマージョン方式のバイリンガル教育/アメリカのバイリンガル教育/海外子女とバイリンガル教育/日系人子女とバイリンガル教育/バイリンガルと文化の習得/バイリンガル教育への疑問/バイリンガル教育の外国語教育への貢献

本書は、日本でバイリンガルを育てるために必要だと思われる基本的な概念と実践例をまとめたものである。一貫してバイリンガルの問題を個々の子どものことばの発達を中心に、語学教師の立場から扱い、幼児、小学生、中学の初めまで、つまりバイリンガルの形成期の家庭と教育機関の在り方の問題に絞った。

日本の国内に住みながら、子どもをバイリンガルに育てるためには、家庭・学校・社会が適切な言語環境をつくる必要がある。バイリンガル教育の先進地カナダでの研究を基に、その概念と実践例を解説。1998年刊の増補改訂版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中島/和子
1936年東京都出身。国際基督教大学言語科でB.A.(言語学)、M.A.(英語教育・日本語教育)、トロント大学東アジア学科でPHIL.M.(日本語学)を取得。現在トロント大学東アジア学科准教授、New College Fellow、カナダ日本語教育振興会名誉会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(以上、アマゾンの紹介文より)




ランスのマックカフェ

こちらは、フランス・ランスのマックカフェ。

IMG_6385.JPG


パン・オ・ショコラ、マカロンなど、品揃えも豊富で、フレンチな旅の朝ごはんにぴったりです。

IMG_6386.JPG




子供の遊び場もありました。

IMG_6387.JPG


IMG_6388.jpg




もし、もうひとり、子供を育てるのなら、私はやっぱりフランスで育てたいと思っています。


フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由


内容紹介
◎『反貧困』の湯浅誠氏、推薦!

「本当の少子化対策のヒントがここにある。
日本の将来を憂うすべての人に読んでもらいたい」

◎現地で主夫をしながら子育てしてわかった、
先進国でフランスだけが出生率を2.0以上に回復させた秘密!

◎無職のシングルマザーでも四人の子どもを育てられる国と
共働きでも子育てに経済的な不安を感じてしまう国の違いとは?

[湯浅誠氏の推薦文(全文)]
広く世界に目を向けよう。正社員賃金カットの前に、
家計負担を軽くしなければ、少子化は進む一方だ。
収入だけに目を向けるのではなく、家計支出にも目を向けてみよう。
なぜ私たちはこんなに稼がないと、まともに子どもを育てられないのか。
今の日本は支出が高すぎる。教育・住宅のセーフティネットがないために、
働いても働いても余裕がない。
高すぎる教育費・住宅費が長時間労働とサラリーマン戦士をつくる。
取り残された非正規社員は結婚もできないし、子どももつくれない。
誰もが安心して子育てできる国にしなければ、次世代はいったい誰が担うのか。
日本ほどの急激な少子高齢化は自然現象じゃない。
本当の少子化対策のヒントがここにある。
日本の将来を憂うすべての人に読んでもらいたい。


序章 フランスで子育てしながら考えた 日本の子育てはなぜ苦しいのか

第一章 フランスで子育てをしている日本人女性はどう感じているのか

第二章 低所得でもフランスではなぜ子育てがしやすいのか

第三章 日本の出生率はなぜ低いのか、解決策はどこにあるのか

第四章 親になるとはどういうことか

第五章 フランスの父親はどのように子育てに関わっているか
内容(「BOOK」データベースより)
フランスでは教育費に税金や社会保障の負担として社会から広く集めたお金を使うのに対し、日本では子どもを持つ親が自らの蓄えをあてる。日本では親に十分な蓄えがなければ、子どもは大学へと進むことができず、社会階層の階段を上ることができない。かくして格差は固定する。

(以上、アマゾンの紹介文より)


フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由



フランス語を勉強中の方へ
ミカリュスとグランヌヌスの日常生活を日仏対訳付きで絵日記にしました。
フランスの普通の暮らし、おいしいもの、フランス現地校生活、日本逆留学体験など、軽いタッチで書いています。
      バッド(下向き矢印)
ミカリュス・ブルガリスのフランス語恋愛絵日記








シャンパンの街、ランスで見つけたメリーゴーラウンド

夏に出かけた、ランスの街で見かけたメリーゴーラウンドです。

IMG_6381.JPG



フランス中、たいてい、どの街に行っても、街の中心の広場には、こんなメリーゴーラウンドがあります。

雨の日は、子供たちの姿もほとんどなく、ひっそりとしているのですが、それはそれで、なんだか風情があって懐かしい気持ちにさせてくれます。


IMG_6382.jpg





フランス語を勉強中の方へ
ミカリュスとグランヌヌスの日常生活を日仏対訳付きで絵日記にしました。
フランスの普通の暮らし、おいしいもの、フランス現地校生活、日本逆留学体験など、軽いタッチで書いています。
      バッド(下向き矢印)
ミカリュス・ブルガリスのフランス語恋愛絵日記