フランスのマシュマロ「GUIMAUVE」

haribo guimauve (1024x768).jpg


 フランス語でマシュマロは、「GUIMAUVE」といいます。

 ちなみに、英語の綴りは、「MARSHMALLOW」です。


 夏休みに、日本でキャンプに参加した息子クン。

 そこでの、キャンプファイヤーで、マシュマロを火で焙って焼いて食べたのが美味しかったのだそう。

 パリに戻ってきてから、早速、マシュマロが食べたーいと言って、スーパーマーケットで買ってきました。

haribo guimauve (2) (768x1024).jpg


 ラクレットを作る道具で、焼いてみたけれど、直火で焼くのと違って、いまいちでした。

 でも息子クン、とってもうれしそうに、食べていました。わーい(嬉しい顔)


 普段は、甘い、お菓子は、あまり好きじゃないけれど、「HARIBO」の、びっくりするくらいカラフルなお菓子は、喜んで食べる息子クンです。

 たとえば、これなんか、私と取り合いです。
      バッド(下向き矢印)
      バースデー

 そして、こんなお菓子も大好きになってしまいました。
(これは、私は、ちょっとカラフルすぎて、食べないけど。)
      バッド(下向き矢印)
      バースデー

「HARIBO」のマシュマロ「Chamallows」のホームページ。
マシュマロにまつわるいろいろなストーリーのビデオが見れます。

http://www.parlezvouschamallows.com



海外でも、日本でも、子供と一緒に頑張っている人たちのブログがいっぱい。
      バッド(下向き矢印)
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ