ロンドン動物園の爬虫類館

 イギリス、ロンドンのリージェンツ・パークの北東端にあるLondon Zoo(ロンドン動物園)のエントランスを入ってすぐのところに、『ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone)』の撮影が行われた「Reptile House(爬虫類館)」があります。
 
 関連記事はこちら
Harry Potter at London zoo

これが「Reptile House(爬虫類館)」。
reptile house in london zoo.JPG


 中にはこんな爬虫類がいっぱいです。
reptile house in london zoo 2.JPG

La Petite Sirène *Partir là-bas*

 大好きなディズニー映画「リトル・マーメイド」の曲「Part Of Your World」のフランス語バージョンです。

 英語バージョンを聴きたい人はこちらの前回の記事を参照してくださいね。
愛しのアリエル

「Part of Your World」の歌詞(英語)

ママになったアリエル





Partir Là-bas

[Parlé]
Je ne vois pas les choses à sa manière
Comment est-ce qu'un monde qui fait d'aussi beaux objets pourraitêtre aussi barbare?
[Chanté]
Tous ces secrets
Que j'ai gardé
Ne crois-tu pas que les fées m'ont comblée?
Ne crois-tu pas que je suis bien trop gatée par la vie?
Vois ces trésors et ces merveilles
Toutes ces richesses qui brillent comme des soleils
En voyant ca tu te dis:
"Oui, c'est un paradis"
J'ai des gadgets, des trucs chocs, des truc chouettes
J'ai des quics et des quacs a gogo
Tu veux un tire baba? J'en ai des tas [Parlé]
Et tout ca m'indifère et m'ennuie
Moi je voudrais parcourir le monde
Moi je voudrais voir le monde danser
Le voir marcher sur ses....
Comment ca s'appelle, AH pieds [Parlé]
On ne va nul part en battant des nageoires
Il faut des jambes pour sauter et danser
Planer le long de ces....
comment ca s'appelle? [Parlé]
Rues
Si l'hommes marche
Si l'homme court
Si'il peut sur terre rêver au grand jour
Comme j'aimerais
Si je pouvais
Partir là-bas
Je donnerais tout e que j'ai pour partir d'içi
Pour carresser les grains doré du sable chaud
Les hommes comprennent
J'en suis certaines
Toutes leure filles peuvent rêver sans frayeur
J'en suis certaines
Femmes sirènes, femmes humaines
J'ai fait mon choix
Moi je veux savoir, moi je veux pouvoir
Poser des questions et qu'on me réponde
Qu'est-ce que le feu et pourquoi est-ce qu'il quoi déja.... brûle?
Un jour viendra, je partirai, je partirai sans aucun regrets
Vivre sur terre
Loin de la mer
Partir là-bas

Le Monde des ados

le monde des ados 001.JPG


 息子が購読している雑誌「Le Monde des ados」です。対象は、12歳から14歳位まで。こちらのコレージュ(中学)に通う年齢の子供たちが読んでいます。

 内容は、時事問題、ルポルタージュから漫画、スターのポスターまで。最近の記事では、世界的経済危機や環境問題、豚インフルエンザなどが、子供たちにもわかりやすく説明されています。

 ただ、ページ数のわりに値段が高いのがちょっと気になります。たった約50ページで4.5ユーロなので、今のレートで日本円にすると600円位。現在、以前と比べて円高になってきていますが、かなりのユーロ高だった頃は日本円で800円近くもしていました。日本の雑誌なら、もっとページ数が多くて付録もいろいろついているのにって思ってしまいます。


http://www.le-monde-des-ados.fr

LE BOURGEOIS GENTILHOMME (MOLIERE)

THATRE FONTAINE.JPG


 息子と友人家族と一緒に、モリエールの戯曲『町人貴族』(Le Bourgeois Gentilhomme)をパリのテアートル「Théâtre Fontaine」で観てきました。

 このモリエールの晩年の作品は、1670年にシャンボール城のルイ14世の宮廷で、モリエール劇団(Troupe de Molière)によって初演されたそうです。

 貴族(gentilhomme)に憧れた愚かな金持ちの町人(bourgeois)のジュルダン氏(M. Jourdain)が上流階級の真似事をして頑張る姿が滑稽に描かれていて、肩書きにこだわる人間を揶揄した喜劇として現代でも十分通用する面白い作品です。

 上流貴族に仲間入りするために、様々な作法を学ぼうとする成り上がりの商人ジュルダン氏が、ダンスや剣術、そして貴族風の発音の仕方まで習おうとしているのが、滑稽でとても面白く、特にこの発音のレッスンの場面での、ジュルダン氏の過剰なリアクションに子供たちは大受けでした。

 モリエールの生きた十七世紀のヨーロッパは、中世を支配した教会(僧)と領主(貴族)が腐敗し、ブルジョア(企業家)が台頭した時代。自らもブルジョア出身であるモリエールは、この時代が陥った拝金主義を憂いて、新しいタイプの「町人貴族」(bourgeois gentilhomme)いう、上流気取りの俗物で、地位財産の崇拝者をこのように滑稽に描いたのでしょう。

 この「Théâtre Fontaine」では、年間を通じて子供向きにアレンジされたシェイクスピアやモリエールの有名作品を鑑賞することができます。残念ながら、この作品の上演期間は9月から5月までなので、9月の新学期が始まったら、今度はもっとたくさんの作品を親子で観たいと思っています。

THEATRE FONTAINE
10 Rue Pierre Fontaine
75009 PARIS FRANCE
METRO: Blanche, Pigalle ou Saint-Georges
Tél: 01 48 74 74 40 - Fax: 01 48 78 37 44

チケットはこちらのサイトから予約できます。舞台の雰囲気を味わえる動画も見ることができます。
http://theatre.roumanoff.com/

劇場でチケットを買う人々。
THEATRE FONTAINE 2.JPG



もうすぐ劇が始まります。
THEATRE FONTAINE 4.JPG



劇場内部の様子。
THEATRE FONTAINE 3.JPG